初心者向けのトレード手法について

初心者に適したトレード手法は中長期的に利益を出す方法


FXのトレード方法には、大きく分けて4つのものが存在しています。短期的な取引は、すぐに結果が目に見えるので楽しいかもしれません。しかし、その分手間やリスクも大きくなります。初心者の方は、金利による収入も含めて利益を出す中長期的な方法を選択するようにするとよいでしょう。もっとも短期的なやり取りを繰り返すことで、FXの基本を掴むことが可能となります。最初はお金がかからないデモ取引でデイトレやスキャルピングを行うとよいでしょう。

※デモ取引:『バーチャルでFXを体験』参照

4つのトレード方法とメリット・デメリット


FXトレードには以下の4手法があります。

1.スキャルピング:短いスパン(数分〜数時間単位)で何度も売買をする
  • 長所:すぐ結果が出る
  • 短所:スプレッド(手数料)がかなりかさんでしまう

2.デイトレード:注文と決済を1日で完結させる
  • 長所:ポジションを持ちこさないので、次の日に急落ということがない
  • 短所:1回の取引で大きく稼ぐことはできない

3.スイングトレード:数日から数週間の単位で保持をする
  • 長所:仕事をしながらでもできる
  • 短所:利食い・損切りのタイミングの判断が難しい

4.スワップトレード:金利の収入を主な目的として、ある程度長期間保有する
  • 長所:預金感覚で収入を得ることができる
  • 短所:為替レートの変動で金利が吹き飛ぶことも

初心者向けの手法


以上の説明を見ると、それぞれ一長一短あって、どれが初心者向けなのか分からないでしょう。1や2のような短期的な取引の方が、「すぐ結果を見ることができる」・「損切りを誤る可能性が低い」という点では、初心者向きだという意見もあります。しかし、短期取引であっても損切りのタイミングを逃してしまうことがあります。初心者でも損切りについての知識は最低限知っておかなければなりません。このことを前提とすると、短期的な変動に惑わされる心配があまりない中長期的な取引の方が、初心者向けと言えるでしょう。

無難に稼ぎつつも、トレードの楽しみを感じたい・・・そんな方には、スイングトレードが一番適しています。確実な金利収入を得るだけでいい、という方はスワップトレードがよいでしょう。どちらにせよ、損切り対策だけはしっかり行えるように知識を得ておきましょう。

まずは練習を


とはいえ、スイングトレードと言えど「FXの感覚」を身につけるまでには、それなりに時間が必要です。無料でできるデモ取引(バーチャル体験)でスキャルピングを繰り返して、決済・変動・注文の仕方などの練習をするようにしましょう。