FXの取引時間とは?

FXの魅力は24時間取引が出来ること

 

FXは、他の投資とは異なり24時間取引を行うことができます。各自の生活リズムに合わせた投資が可能なので、いろんな人がFX取引をしているのです。為替のレートは、夜中に大きく変動することが知られています。夜間こそ稼ぎどきなのです。

 

FXは24時間利用可能

 

日本国内の株取引を行う場合、東京の証券取引所の営業時間にしか取引は行われません。昼間に仕事をしている人が副業的に行うのは、難しいのです。これに対して、通貨の交換は世界中のマーケットで行われています。東京での取引が終わったら、次はヨーロッパ、そしてニューヨークと順次取引が引き継がれていくのです。

 

市場の取引時間

 

為替の場合、証券の場合のように具体的な取引所があるわけではありません。ですから、東京市場・ロンドン市場のように都市名・地域名で呼ばれています。以下では、それぞれの市場の取引時間(日本での時間)を示します。

 

※ここで注意してほしいのはサマータイムです。夏時間とも呼ばれ、夏の季節に実施されます。採用している国、していない国を知っておくことは重要です(実施期間も異なります)。夏時間では、時計の針が1時間早められます。また、オーストラリアなどの南半球では、季節が逆転しますので日本の冬の季節に夏時間が採用されます。採用されます。以下の時間は、8月頃の時間です。

 

ニュージーランド:6時〜15時
日本:9時〜18時
中東・ロシア:14〜23時
ロンドン:17〜2時
ニューヨーク:22時〜7時

 

どうでしょうか。世界各地で常にどこかの市場が動いているのが分かったと思います。

 

22時から2時がねらい目

 

世界で一番活発に為替交換が行われている市場は、ロンドン市場だと言われています。スイスやドイツなどの営業時間とほとんど時差がありませんし、ニューヨークの朝の取引時間と重複する時間もあるからです。一番為替レートが変動するのは、ニューヨーク市場とロンドン市場の双方が動いている22時から2時の間です。デイトレードなど、短期間で儲けたいと思っている場合には、夜間のこの時間こそ狙い目なのです。都合がよいことに、この時間は日中仕事をしている人でもゆっくりとFXに時間を割ける時間帯です。この時間に集中をするだけでも、かなりの利益が見込めます。24時間レートが変動するということで、寝ている間も落ち着かない・・・という人もいるかもしれません。そんな場合には、寝る前に決済を済ませてしまえば問題ありません。