FXは買い・売りのどちらからでも取引可能

FXは買いからも売りからも入れる


外貨投資の基本は、「買う」ことです。日本円でドルやユーロなどを購入することはできても、日本円を買う(外貨を売る)ということはできません。しかし、FXは「売り」から始めることもできます。売る場合、円高・値下がりが進んでいるときであっても、儲けを出すことが可能です。

「買い」・「売り」とは?


買いから入るとは
ある商品を買って、その商品が値上がりしたら売って儲けを出す。このような仕組みを金融業界では「買いから入る」と表現します。「買い」というと、このような方法を指します。具体例を示しましょう。最近、いろいろな限定商品にプレミアがつくことがあります。高くなるだろうな、と予想する商品をあらかじめ数個購入しておき、値段が上がったらオークションなどで売る。両者の差額はまるまる儲けとなります。FXだと、日本円でドルを100円で1万円分購入したとします。1ドルが110円になった場合(円安)、11000円で売りさばくことができます。差額の1000円が儲けとなります。円が高くなり続けている状況では、「買いから入る」スタイルの儲けはあまり見込めません。

売りから入るとは
ある商品を先に売って(空売りして)、その商品が安くなったら購入する。このようにすることで、差額分が利益となります。このような方法を、「売りから入る」と表現します。先に売るというのは、少し理解がしづらいかもしれません。具体例で説明していきましょう。人気が高騰したグッズを1万円で売ったとしましょう。その後、人気も落ち着いて8000円に値下がりしたとします。これを買い取れば、差額の2000円が儲けとなります。FXだと、会社からドルを先に11000万円分借りて売ります(1ドル110円とします)。その後、1ドルが100円になった場合、10000万円分買戻して借りてた分も返済します。利息は少し高くなりますが、儲けは1000円近く出ます。これが売りで儲ける仕組みです。売りからも儲けを出すことが可能、それがFXの特徴なのです。売りのシステムを使うことで、価格が暴落していたり、円高が進行しているときにも利益を出すことができます。

売りのスワップには要注意


売りから入る場合、特に注意したいのがスワップです。スワップ金利は、通貨同士の利率の差です。利率が高いドルを借りて売る、そして円を買って運用をする。この仕組みだと、円より金利が高いドルの利率の方が高く、金利では利益が出ません(かえってマイナスになってしまいます)。売っている状態はショートポジションとも言われますが、その名の通り、あまり長い間売り状態を続けるべきではないのです。