FX口座はどう選ぶべき?

FX口座はトレード戦略に合わせ選ぶ


FXを始めるためには、FX口座を開設しなければなりません。レバレッジなどの制限が厳しくなったことで、FX業者の数自体は減少しましたが、それでも多くの業者が存在しています。それぞれの業者によって特徴・サービス内容などは変わってきます。特に、スプレッド(買値と売値の差額:隠れた手数料)やスワップ(金利)、取り扱っている通貨ペア(売買する外貨の組み合わせ)など、どの点を重視したいのかということをはっきりさせておくことは重要です。それぞれが重要視するポイントに合わせた口座選びが大切となってきます。

悪徳業者はほとんどいなくなった


FXは98年に解禁された比較的新しい金融商品(投資方法)です。当初は、特に制限がなかったので、悪質な業者による被害が続発していました。「FXは怖い」というイメージすらあったのは事実です。しかし、2005年には金融商品販売法(現在は改正されて金融商品取引法となっています)の制定で、規制が強化されました。

FXを取り扱うには法律に基づいて登録をしなければならなくなり、金融庁が厳しい監督を行っています。そのほか、禁止行為や広告規制などの整備が行われました。そのおかげで、トラブルもかなり減ってきています。それでも、企業同士は激しい競争を行っています。いろんなサービスの違いがあるので、その辺りを比較してから業者を選ぶのが重要なのです。

口座を選ぶ際のポイント


FX業者にはいろいろな違いがあります。どの点を重視して口座を開設するFX業者を選ぶか?という点はとても重要です。以下のポイントごとにFX業者を見比べていきましょう。

<取引手数料>
取引の量に応じた手数料です。最近では無料というところも増えてきました。スキャルピングやデイトレードなどように短期間に数多くの取引を行う場合には、無料のものを選ぶようにするとよいでしょう。

<スプレッド>
これは、買値と売値の差額です。業者によっていろんな幅の設定があります。取引手数料が無料となるなか、スプレッドを引き上げることで儲けを多くしている会社もあります。スプレッドは「隠れた手数料」とも言われています。この差額をきちんと比較するようにしましょう。尚、取引手数料と同様にスキャルピングやデイトレードなどように短期間に数多くの取引を行う場合には、できるだけスプレッド幅の狭いFX業者を選ぶことが重要です。

<スワップと通貨ペア>
スワップとは通貨同士の金利の差です。これが大きいほど、保有利益が大きくなります(売りから入る場合には逆になることに注意)。通貨のペア(売買する組み合わせ)によってスワップも大きく変わってきますし、レートの変動幅も異なります。どのようなペアを扱っており、スワップはどれくらいなのか・・・これを見極めることも大切です。

<開設キャンペーン>
口座を開設するとキャッシュバック〜円などのサービスが実施されていることがあります。このような付加サービスも比較の上では重要な要素となります。

<情報提供>
その会社が提供している情報の量・質も大事なポイントです。手数料やスプレッドは高めでも、為替レートの変動に影響を与える情報をいち早く提供してくれるというFX会社もあります。