マージンコールはFX会社からの警告

マージンコールは危険信号と同じ

 

マージンコールとは、損失が拡大して元の資本が目減りしてきた時に、メールなどで通知を入れるシステムです。FXは、少額の金額で多額の取引が可能です。少ない資本で多額の利益を上げることもできます。リターンが大きいということは、リスクも大きいということです。高いレバレッジで取引をしていると、為替レートが予想外の方向に動いた場合には、その分損失もかなり拡大してしまうのです。最悪の場合、準備していたお金が全部吹き飛ぶどころか、マイナスの分を業者に支払わなければならなくなります。

 

マイナスが出ないようにするシステムの一つが、マージンコールです。この通知が来た場合には、かなり損失が危ない事態になっているということです。注意するようにしましょう。

 

「必要証拠金」と「証拠金維持率」

 

FX取引は、担保金(証拠金)を元に資産の数倍の売買を行うことができます。実際に持っているお金の数倍の取引を可能にするのが、「レバレッジ」です。現在、レバレッジの倍率は25倍に制限されています。100万円の取引を行うためには、少なくとも25分の1(4%)の資本が必要となるのです。取引を行うために最低限必要なお金のことを、「必要証拠金」といいます。

 

売ったり買ったりの状態(ポジション)を継続していると、利益・損失が発生します。決済をしなければ実際の損益は確定しません。現時点のレートで決済取引をした場合に発生が予測される利益を「含み益」、損失を「含み損」といいます(両者をまとめて「評価損益」といいます)。この評価損益を考慮し証拠金の残額を計算します。必要証拠金に対しての残額の割合のことを、「証拠金維持率」と呼びます。

 

マージンコールとは?

 

証拠金維持率は、通常ある程度の割合を維持しなければなりません。FXは何倍もの取引ができるからこそ、損失も大きくなるものです。マイナスの損失が出た場合、業者は投資家にお金を請求します。が、投資者がそれを支払うことができない場合、結局業者の側に損失が出てしまいます。FX業者の側も、損失はできるだけ避けてほしいのです。損失を一定割合に食い止めるための制度の一つが、マージンコールです。証拠金の維持率が一定を下回った場合(50〜70%程度に設定)、業者から利用者へ警告・通知が届きます。この通知のことを、マージンコールと呼ぶのです。

 

この通知がきた場合の対処方法は2つです。

  • 1.証拠金を追加で振り込んで、証拠金維持率を高める
  • 2.決済を行って(ポジションを減少させて)、証拠金維持率の低下を食い止める

 

マージンコールには強制力はありません。が、従わず維持率が下がり続けると強制的に決済取引の処理がなされてしまいます。これを「ロスカット」といいます。これを避けるためにも、マージンコールは重要となってくるわけです。通知・警告を無視せず、きちんと受け止めることが大切です。