FXのテクニカル分析について

テクニカル分析とはチャート分析


為替レートの変動を予測する手法には、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2つがあります。テクニカル分析とは、過去の為替の変動から将来の変動を予測していく手法です。

※ファンダメンタルズ分析の手法については『ファンダメンタルズ分析』をご覧ください。両者のメリット・デメリットについてもこちらで紹介しています。

テクニカル分析とは?


ファンダメンタルズ分析は、経済状況を分析し、それに基づいて為替レートを予測していく手法です。経済とレートには、確かに深い関係があります。しかし、これを分析していくためにはかなりの情報と知識が必要となってきます。経済学についての知識が不可欠となってくるのです。FX取引をしようとしている人のほとんどは、そのような知識まで得ようとは思ってないでしょう。そこで、多くの人が取り入れている分析手法がテクニカル分析です。

テクニカル分析は、為替レートの変動を示した「チャート」をもとに将来の変動を予測していく手法です。「チャート分析」という名で呼ばれることもあります。チャートを分析するだけで、経済を決定する要素(ファンダメンタルズ)についてはあまり考慮をしません。そのため、ファンダメンタルズに重きを置く人からは、「短絡的だ」と批判されます。

しかし、テクニカル派にもそれなりの主張があります。「経済の変動は、過去のレートの変動に現れている。だからチャートを分析すれば、経済も合わせて分析していることになる。」という主張です。この主張が正しいかどうかは置いといて、テクニカル分析の有効性は数多くの投資家が支持しています。

移動平均線


テクニカル分析の具体的な手法は、数多く存在しています。詳しくは、順に勉強していくとして。・・・まずは、「移動平均線」を押さえましょう。移動平均線とは、日々細々と変動しているレートの平均値を結んだグラフのことです。本当の価格変動を折れ線グラフにすると、激しく上下を繰り返しています。しかし日ごと・週ごとに平均をとると、ある程度なだらかな波を描いていることが分かります。これを参考にして売買を決定していくわけです。

こんな単純な方法で・・・と思うかもしれませんが、為替の大きな流れはそこまで大変動をすることはほとんどありません。一定の傾向(トレンド)があるのは事実なのです。もちろん100%信頼することはできません。が、テクニカル分析の入門としては昔からよく使われている手法ですし、簡単でおススメです。